これって乳がん?

これって乳がん

乳房の異常・疾患=乳がん、ではありません。
乳腺外科を受診される患者さんの訴えには、以下のようなものがあります。

むね・わきの下のしこり

訴えの多いものは、むねや脇の下のしこりです。入浴中や着替えのときに偶然見つけた方、乳がんについての報道をきっかけに触ってみた方など、きっかけは様々ですが、セルフチェックを定期的に行っている方は、非常に少ないです。
しこりの訴えがあっても、本当に腫瘍がある方は多くありません。ただし、それをご自身で判断することは難しいので、早めに受診してください。

はり・痛み

痛みの症状はしこりと同じくらいに多い訴えのひとつです。生理前に乳房にはりや痛みを感じる方は多く、その時期以外にも症状を感じる方がいます。病気が痛みの原因ではないことが多いですが、乳腺外科で相談していただくとよいでしょう。

乳頭のかゆみ・異常分泌

皮膚疾患の場合が多く外用薬で治療を行いますが、乳輪・乳頭がただれを起こすタイプの乳がんもあります。
なかなか治らないただれや、繰り返す症状がある場合は、早めに乳腺外科を受診してください。

乳房表面のひきつれや陥没などの変形

乳がんの症状のひとつとして現れることがあります。
今までにはなかった症状であれば、早めに乳腺外科を受診してください。

しびれ・むくみ

腕がしびれている、手のむくみが取れない、腕が痛くて上げられないなど、一見乳房とは関係のなさそうな主訴もあります。乳腺外科では、それらの症状が乳腺やリンパ節に関係する疾患かどうかの診察をします。

これらの気になる症状がある方は、健康保険証をお持ちになり、乳腺外科で診察を受けましょう。

※乳がん検診を含む“がん検診”や人間ドック・健康診断は、 特に心配な症状がない方が、病気の早期発見のために受けるもので、 健康保険適応外です。

監修 札幌フィメールクリニック 公式ウェブサイトこちら

リスクを知ろう
遺伝 閉経後肥満
喫煙 ホルモン治療
妊娠・出産・授乳経験
がない
検診の受け方
検診のタイプ どうやって選ぶの?
受けるタイミング 授乳中の検診
乳がん検診について
検診は
何歳〜何歳まで?
検査は痛い?
検診の流れ まずは触ってみよう!
検診コースと費用
その他の記事
開院にあたって 日曜日の乳がん検診
定期検診のススメ 札幌
フィメールクリニック
Facebook

top