乳がん検診・検査の前に見るサイト 「北海道乳がん検診ドットコム」

検診の流れ

乳がん検診の流れ

乳がん検診の流れ(フルコース)

※腰から下は着衣のままで検査可能ですので、上下別々に脱ぎ着できる服装でお越し下さい。

  • インターフォンを押す

    インターフォンを押して、お名前をお知らせください。内側から解錠します。

  • 受付 ~ 更衣室

    受付で「乳がん検診です」とお伝えください。問診票記入及び確認後、スタッフが更衣室までご案内します

  • 着替えてから検査がはじまるまで

    上半身に身につけているもの(下着やネックレスなど)を全て外していただきます。
    制汗剤やボディパウダーをご使用の方は備付のウェットタオルで拭き取って下さい。
    ローブに着替えた後、中待合のイスにかけてお待ちください。

  • 1.マンモグラフィ検査

    ローブを脱いで上半身は裸になっていただきます。
    撮影時間は10分程度です。
    検査終了後、中待合でお待ちください。医師が、
    撮影した画像の診断を行ってから、お呼びいたします。

  • 2.視触診

    診察室にお呼びします。問診の内容を確認するなどお話を伺ったのち、診察台に仰向けになっていただき、
    甲状腺や頸部リンパ節の腫れも含め、医師が乳房全体から脇の下まで視触診します。

  • 3.エコー検査

    そのままの体勢でエコー検査に進みます。乳房にゼリーを塗り、プローブ(端子)をあてて、乳房の内部を観察します。
    検査中は、画面を見やすくするために診察室を暗くします。

  • 検査結果のご説明

    医師からの結果説明です。画像を見ながら丁寧に説明しています。
    異常なしでも次回受診のタイミングや検査方法、セルフチェックなどのアドバイスを行います。
    また、お会計の際に、検診結果票もお渡しします。

  • お疲れさまでした〜!

    これで乳がん検診は終了です。毎年あるいは隔年検診をおすすめした方には
    次回受診の時期が来ましたら、Eメールでご案内を差し上げますので、
    ご希望の方はEメールアドレスを問診票にご記入ください。

スマートフォンサイトへ