超音波検査は必要?

超音波検査は必要か

超音波検査を、乳がん検診の検査として
導入している自治体は少ない。

マンモグラフィによる乳がん検診は、自治体が費用の一部を補助する『対策型検診(集団検診)』の方法として取り入れられています。自治体にもよりますが、おおむね40歳以上が対象者です。

こうした自治体の検診の場合、超音波による検査を導入していることは少なく、自費でオプション検査として受けられる自治体も多くはありません。

マンモグラフィVS超音波

乳がん好発年齢

乳房の検査には、主に『マンモグラフィ検査』と『超音波検査』がありますが、どちらかの検査を受ければ大丈夫だと思っていませんか?

マンモグラフィ検査で見つけやすい乳がん、超音波検査で見つけやすい乳がんがあります。
逆に言うと、一方の検査だけでは見つけにくい乳がんもあるという事です。

また、乳腺密度の高い方はマンモグラフィ検査だけでは不十分なこともあります。それぞれの方に合った検診方法を見つけていただくために、初めての検診では併用して受けることをお勧めします。
マンモグラフィ検査と超音波検査を比較してみました。

マンモグラフィと超音波の比較

X線検出方法超音波
10分程度時間10分程度
しこりをつくる
前のがんの発見
得意小さなしこり
の発見
厚みのある乳房苦手細かい石灰化

クーポンが届いたら

監修 札幌フィメールクリニック 公式ウェブサイトこちら

リスクを知ろう
遺伝 閉経後肥満
喫煙 ホルモン治療
妊娠・出産・授乳経験
がない
検診の受け方
検診のタイプ どうやって選ぶの?
受けるタイミング 授乳中の検診
乳がん検診について
検診は
何歳〜何歳まで?
検査は痛い?
検診の流れ まずは触ってみよう!
検診コースと費用
その他の記事
開院にあたって 日曜日の乳がん検診
定期検診のススメ 札幌
フィメールクリニック
Facebook

top