乳がんの病期分類

乳がんが発見された場合には?

視触診、マンモグラフィ検査、超音波検査そして病理学的検査(細胞診断や組織診断)を受け、乳がんと診断されると、病気の進行程度により、その後の治療方法を選択します。

乳がんのステージ

乳がんの進行程度を表すステージ(病期)は、がんの大きさ(T)、リンパ節転移の有無との状況(N)、遠隔転移の有無(M:ほかの臓器への転移)の3つの要素により0〜Ⅳ期に分類されます。

乳がんの病期分類(TNM分類)

がんの大きさ(T)

T1:2cm以下
T2:2cm以上5cm以下
T3:5cm以上
T4:しこりが胸壁に固定している場合や、皮膚病変を伴う場合(しこりの大きさにはよらない)

リンパ節転移の有無(N)

N0:リンパ節転移なし
N1:乳がんと同じ側のわきの下にリンパ節転移あり
N2:乳がんと同じ側のわきの下に、周囲組織に固定したリンパ節転移あり、もしくは、胸骨の近くのリンパ節に転移あり
N3:わきの下のリンパ節と胸骨の近くのリンパ節に転移あり、もしくは、鎖骨のまわりにリンパ節転移あり

遠隔転移の有無(M)

M0:遠隔転移なし
M1:遠隔転移あり
※遠隔転移とは、肺や肝臓、骨、脳など遠く離れた臓器やリンパ節などへの転移のこと
※0期:非浸潤がんといい、乳管内にとどまる乳がん、またはパジェット病という乳頭部に発生するがん

これらの3つの項目を評価し、表に当てはめ病期を診断します。

乳がんの病期分類(TNM分類)

監修 札幌フィメールクリニック 公式ウェブサイトこちら

リスクを知ろう
遺伝 閉経後肥満
喫煙 ホルモン治療
妊娠・出産・授乳経験
がない
検診の受け方
検診のタイプ どうやって選ぶの?
受けるタイミング 授乳中の検診
乳がん検診について
検診は
何歳〜何歳まで?
検査は痛い?
検診の流れ まずは触ってみよう!
検診コースと費用
その他の記事
開院にあたって 日曜日の乳がん検診
定期検診のススメ 札幌
フィメールクリニック
Facebook

top